不妊に悩む人へ

最近は晩婚化が一段と進み、必然的に出産を計画する人の年齢が高くなっています。

高齢になるほど妊娠可能性は低くなりますから、不妊に悩む人も増えていると推測されます。

医療関係者の視点で申し上げると、不妊が続いても悲観する必要はありません。

生殖補助医療と呼ばれる分野の進歩は目覚ましく、不妊から解放される可能性も残されているからです。

因みに医療における「不妊」とは、「1年以上の性生活で妊娠できない状態」を言います。

不妊の原因は色々ありますが、専門家の判断を仰ぎ、正しい治療を試みることが大切です。

ところで加齢は何故妊娠にとって大敵なのでしょうか。

実は卵子と精子は加齢で劣化することが知られています。卵子は初めから数が決まっており、加齢とともに減少しますし、精子も精巣機能の弱まりで劣化します。従って、出産を計画する場合、若い時分に行った方が無難なのです。

具体的には30歳、35歳の壁がポイントとなります。

30歳を越えると下り坂に入り、35歳を越えるとその勾配が急になります。卵子や精子の質が低下すると、不妊治療の効果も下がりますから、医療に期待し過ぎるのも禁物です。万一不妊に陥ったら、まずは夫婦で相談しながら対応することが大切です。

その際、どちらか一方に原因すると決め付けてしまうのは危険です。よく見られるのは、精子が出ているから夫が原因ではないという誤解です。

前述したように精子も加齢で劣化しますし、数も減少します。また勃起不全等の性機能障害も不妊に繋がります。

では不妊治療はどのような手順で始めればよいのでしょうか。

医療関係者が原因を探ってくれますから、先ずはその原因に応じた治療法を選択します。

治療法は失敗するたびに、別の方法に切り替えることになります。